お茶の芳せん

その他

お茶屋のつぶやき・・・

 

お茶の保存法について


お茶はデリケートなもので、温度や湿度、また酸素,光りなどによっても変質しやすいものです。 また、他のものの臭いも移りやすいという性質を持っています。



未開封のお茶は、袋のまま冷蔵庫で保存することをお奨めします。
また、開封される場合は、冷蔵庫からお茶を出して直ぐに開封しますと、 水滴が付き、湿気を吸ってしまいますので、しばらく置いて常温にしてから開封して下さい。



封を開けたお茶は、お茶缶などの密封容器に移し、 冷暗所に保存しましょう。
※気密性の高い容器に入れて冷暗所に保存すれば、冷蔵庫に入れる必要はありません。



お茶は鮮度により変化します。特に上級なお茶ほど味の変化が早いもの。
開封されましたら、なるべくお早めにお召し上がりいただくことをお奨めします。


当店のお茶は、味や香りが劣化しにくい『真空パック包装』を採用しております。

 

お茶の美味しい淹れ方
☆ご家庭でお手軽に淹れる方法☆


まず、お湯を人数分の湯のみに注ぎます。
(これは、お湯の量をはかると同時に、 お湯を冷ますという役割があります。)


急須に茶葉を入れます。


湯のみに注いで冷ましておいたお湯を、急須に注ぎふたをして、 茶葉が開くまで約1分、静かに待ちます。 (急須を揺らすと、お茶の苦味の成分が出てしまいますので、心穏やかに、じっと待ちます。)


約1分後、茶葉が開いたら、急須から湯のみに均等に注ぎ分けます。 注ぎ始めは、お茶が薄く、後になるほど濃くなるので、 均等になるよう少しずつ注ぎ分けましょう。


お茶は最後の一滴までしぼりきるようにしましょう。
こうすれば、2煎目、3煎目くらいまで、美味しく頂けます。


是非、お試しください。